スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
LinuxでTeamSpeak3サーバを立てたメモ
2013 / 02 / 16 ( Sat )
LinuxでNPLライセンス取得なしでTeamSpeak3をインストールして
TOKEN(特権キー)が発行されない人のためのページ

32人以上接続する予定ないからライセンス取得はしないでいたい。
でもlicense.datファイルがないとTOKENが発行されない。
どうすればいいの

きっとおんなじ思いをして諦めてる人がいると思ったので参考になれば。
それと後々のOSアップデートとかのために自分の為に覚え書き。












いろいろと探してるとある外人の掲示板を発見した。
TS3サーバーは、ライセンスなしで使用する場合は、
1つのサーバのみを実行していることを確認するために、共有メモリを使用するらしい。
だからtmpfsのマウントポイントを変更しないといけない?らしい!

Linux初心者なんでよくわからん。
とりあえずやり方。
そんなあたしはTeraTeamとWinSCPの両刀使い!

rootでログイン

①/dev/にshmディレクトリを作成

②tmpfsのマウントポイントを/dev/shmにする
mount -t tmpfs tmpfs /dev/shm

③/etc/fstab編集
↓を追加
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0

不思議とこれでTOKENが発行されるようになりますよ!


ついでにTeamSpeak3サーバのダウンロードとインストール

・起動ユーザー作成
adduser ts
su - ts

・ディレクトリ作成
mkdir TS3
cd TS3

・ダウンロード(あたしのOSは32bit版です)
wget -q http://teamspeak.gameserver.gamed.de/ts3/releases/3.0.6.1/teamspeak3-server_linux-x86-3.0.6.1.tar.gz

・インストール
tar zxf teamspeak3-server_linux-x86-3.0.6.1.tar.gz
mv teamspeak3-server_linux-x86/* ./

・スタート
./ts3server_startscript.sh start

・サーバ起動時に自動で起動
echo 'su ts -c "cd ~/TS3/ ; ./ts3server_startscript.sh start"' >> /etc/rc.d/rc.local


以上で完成

スポンサーサイト
DIARY | コメント(0) | page top↑
<<遅くなりましたが・・・ | ホーム | GG>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。